この大空に翼をひろげ
日々の出来事等を綴りたいと思います


プロフィール

甲斐義弘

Author:甲斐義弘
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


抑鬱・2
昨日、主治医から障害厚生年金受給申請の為の診断書をもらった。

中身を見たら、とても申請が通るような内容だとは思えなかった。

しかも「思考に柔軟性が欠け、それが対人摩擦を引き起こしており、社会に適応しにくい性格」と書かれてあった。

それは、当たらずとも遠からずだが、「思考に柔軟性が欠け」はケース・バイ・ケースで対応していた。

さもなければ、「組織」のなかでやっていくことは困難だ。

医者には往々にして「世間知らず」が多い。

主治医は人の「側面」だけ見て、人のすべてを理解しようとはしてくれない。

俺の居住区で、やっと巡り会えたマシな医者なのに。。

おかげで、今朝から、泥のような抑鬱を来した。




以下、吐き出し。

うつ病に罹ると、自信が著しく失われる。

うつ病を発症してから、自信という自信を失った。

そして今も自信が戻ってこず、そんな自分を激しく憎悪する。

うつ病も離人症も、実際実生活に酷い影響を及ぼしている。

うつ病にさえならなかったら、今の俺は・・・・・・。

こう思ったことが何度あったか。

この病気は、ホント、人生をむちゃくちゃにしてくれる。



俺は、何処へ行くのだろうか・・・・・・。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

甲斐さんの主治医先生殿、申請が通りやすいように診断書を書かないのはなぜですか?

もしあなたが患者ならと考えれば、そういう人格否定のようなことを平然と書けますか?

医師免許持ってるとそんなに偉いのですか?ツブシがきかない職業でおられるのに。

私は、もう産業医の診察を受けません。

ふんぞり返って上からモノを言い、私の問いかけに答えないような人間に費やす時間はありません。

文句があるなら、具体的な代替案を出して欲しい。私にこれ以上どう頑張れと?
医療不信を加速するようなコメントで申し訳ありません。

お大事になさってくださいね。

どうか希望を捨てないで

私は、何があろうとあなたを支持します。

【2007/04/08 02:00】 URL | ひろっち #oop9FInw [ 編集]


>ひろっちさん
>ふんぞり返って上からモノを言い
そういう医者も多いよねぇ。。

>どうか希望を捨てないで、私は、何があろうとあなたを支持します
ありがとう。。

【2007/04/10 17:26】 URL | 甲斐 #SJFEB.t. [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。